"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

FOODGourmet & Recipe

「コレもう美味しくないな…」ちょっと待って!捨てる前に“固くなったパン”で試したい10のこと。

2014.09.22

「1粒のお米には7人の神様がいるんだよ」

幼少期にそんな言い伝えを聞いて育った人もいるかと思いますが。古くから日本には物を粗末にしない“もったいない文化”が根付いているので、食べ物を捨てることに罪悪感を持ち、普段から意識している方も多いと思います。

でも、どんなに注意していても食品の酸化や腐敗は止められないもの。「もったいないと思いつつも、仕方なく食べ物を廃棄してしまった」という経験はきっと誰にでもありますよね。

food_crisis_img02.jpg

2012年度の『農林水産省食品ロス統計調査』によると、食品関連業者から出る食糧廃棄は年間にして約800万トン、一般家庭からの排出が約1,000万トンと、家庭から出される食品ロスがかなり上回っており、これを途上国の人口に換算すると約5千万人分もの食糧が一年間に捨てられているということになります。

“食の安全・安心”を優先して保存料や添加物の使用を避けたものを選ぶとどうしても賞味期限は短くなってしまいますし、資本主義・消費社会の現代では、過剰生産された商品だけでなく、売れ残り、食べ残し、期限切れになった食品が日々大量に、世界中で廃棄されています。


toastpassedits.jpg


たとえば、お店で買ったパンが固くなってしまったとき。皆さんはどうしていますか?

それが少量なら、なんとかガマンして食べるかもしれないし、ちょっと温めたりして食べるかもしれない。でも、もし量が多かったら、もし時間がなかったら…。「新鮮なパンをまた買ってくればいい」と捨ててしまうかもしれませんよね。

そこで今回は、身近にできるエコ活動の1つとして『固くなったパンで試してほしい10個のTips』をご紹介。

「なんかもう固いし美味しくないや…」と捨ててしまう前にぜひトライしていただきたい“おいしさを蘇らせる方法”“カチカチになったパンの活用術”、そして“パンをおいしく保存する方法”Upworthyの投稿からご紹介します。


toastpasseditsprime_02.jpg

01.まずは復活させてみる
水で湿らせたキッチンペーパーでパンを包んでしばらく放置。その後、約150℃のオーブン(もちろんトースターでOK)で3分ほど焼くと「こんがり美味しいトースト」としてパンのおいしさが復活します。

02.料理に使ってみる
購入から数日経って固くなったパンは、フレンチトーストやブルスケッタ、パンプディング​​、ミートローフ、パンツァネッラといったレシピで活躍します。そしてそういうレシピに使えるカチカチのパンは、最高のグリルドチーズサンドになります!


toastpasseditsprime_03.jpg

03.とりあえず冷凍庫へ
料理しようにも時間がない、という時はとりあえずパンを冷凍庫に移しましょう。冷凍庫に避難させるとパンがそれ以上固くなるのを防げます。冷凍庫にパンを入れるときは必ずジップ付きの袋に入れるのをお忘れなく!

04.それでもダメならパン粉にしよう
乾燥しきったパンは、フードプロセッサーなどで粉々に挽いてから低温のオーブンで1時間程度じっくりと乾燥させると、おいしいパン粉に変身します。完成したパン粉は密閉容器に移せば、湿気を避けて保管すれば最大で6ヶ月くらいもちます。


toastpasseditsprime_04.jpg

05.角切りにしてクルトンも作ってみよう
「パン粉とか揚げ物くらいにしか使わないんだけど…」という人におすすめなのがクルトン作り。角切りにしたパンをオリーブオイル、ハーブ、スパイスといった好みのフレーバーで味付けしてからベーキングシートの上に広げ、低温のオーブンでキツネ色になるまで焼けば自家製クルトンが完成します。密閉容器に入れれば、冷蔵保存で約4週間程度もちます。濃い目に味付けすればおつまみにもなり、サラダやスープに浮かべたりして使えます♪

06.スープのとろみ付けに
固くなったパンはサラサラ系スープのとろみ付けに使えるのをご存じですか?お好きなスープにうすく切ったパンを加え、しばらく置いてからしっかり混ぜるとスープが「とろり」としてくるはず。とろみが付くと薄味でも濃厚に感じるので、塩分を控えたい方にもこの調理法はおすすめです。


toastpasseditsprime_05.jpg

07.ディップを添えてみる
もし固くなったのがどっしりとしたハード系のパンなら、固くなってしまったパンそのものにディップを添えて「あえて固さを味わう」のもおすすめ。クリームチーズやサルサ、チープフォンデュなど、濃厚なディップソースと穀物パンのもつ風味は相性バツグンです♪

08.野菜の保存に役立てる
古くなったパンは野菜の保存にも役立ちます。適当な大きさに切り分け野菜室に移せば、余分な湿気を吸収し、野菜をフレッシュに保ってくれるのです。ここで使ったパンは口にせず、毎日、または2日おきに新しいものと交換してください。


toastpasseditsprime_06.jpg

09.植木の肥料にしてみる
植木や土壌に養分を与え、水分を保つのにパン粉が役立ちます。古くなったパンを低温のオーブンで乾燥させ、細かく砕いて土壌に蒔けばOKです。04.で作ったパン粉が余ったときにも、この方法を試してみてくださいね。

10.ワンちゃんのおやつに
愛するワンちゃんに、デンタルボーンの代わりに固くなったパンでうっかり食べても安心な「カミカミおやつ」を手作りしてあげましょう。古くなったパン粉(細かく切ったパンでもOK)に全粒粉2カップ、水2/3カップ、油大さじ6杯を混ぜてシート状に伸ばし、クッキーカッターで型抜きしてからオーブンシートの上に並べて約180℃のオーブンで35分~40分ほど焼けば完成です!


toastpasseditsprime_07.jpg
toastpasseditsprime_08.jpg

・パンの耳は捨てないで!
「パンの表面部分(耳)は食べずに捨てる」という人もいるかと思いますが、ヘタや耳はそのままでもハンバーガーのバンズやグリルドチーズに使えます。また、クッキーや砂糖のしっとりさを保ちたいとき「1かけのパンを入れておく」と適度な水分が保たれます。

・パンをおいしく保存するには
「痛んでしまうから」とパンを冷蔵庫で保存するのはおすすめできません【焼きたてパンの場合】…布ナプキンやタオルに包んでカウンターに置くか、パンケースや紙袋に入れて保管して2~3日中に使いきりましょう。早めに食べきれない場合は、食べ切れない分を密閉式のビニール袋に入れて早めに冷蔵庫に移してください。【市販のカットしてあるパンの場合】…密閉式のビニールバッグに入れてからパンケースに入れ、1週間以内に食べきりましょう(もちろん高温多湿の時期はもっと早めに)。こちらも食べきれないときはビニールバッグに入れたまま冷蔵保存すれば、約6ヶ月ほどもちます。


~最後に~

食糧廃棄は世界規模の問題なので、意識的に食品ロスに取り組む企業も増えてきており、日本でも火力発電の燃料として利用するなど活用法が考えられたりしています。しかし、最も排出量が多いのは家庭なんです。

パンだけに限ったことではないですが、おいしさのピークを過ぎた食品をどう処理するか考え、行動を起こすことで食品ロスが軽減され、ひいては環境問題の改善にも繋がるのだという事を、ぜひnu-naturalの読者の皆さんにも知っていただければと思います。

toastpasseditsprime.jpg

おいしいパンで始まった朝は、あなたに幸せな1日をもたらしてくれるはず。

朝食の定番であるパンの保存法・活用術をうまく生活に取り入れて、ナチュラルライフ&ナチュラルビューティーを、日々の暮らしの中から創造していけるといいですよね!


mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.