"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

BEAUTYBeauty & Wellness

痛んだ夏髪を集中ケア!ヘアタイプ別 〈自家製ヘアマスク〉の作り方。

2014.09.09

朝晩過ごしやすくなり、ようやく秋の訪れを感じるようになってきました。

気温や湿度が急激にシフトする季節の変わり目は「美のルーティーン」にも切り替えが必要ですよね?

とりわけ夏の紫外線でダメージを受けた髪にはしっかりとしたケアが必須! なぜなら毛髪=角化した細胞の集合で、自発的に修復される事がないからです。痛んだ髪を放っておいて気付いたら毛先がバシバシになってた…なんて経験、皆さんにはないでしょうか?

そんなわけで今回は、なりたい髪質に合わせて自宅でDIYできる『自家製ヘアマスク』のレシピをご紹介! 安心・安全な天然成分をたっぷり配合してやさしくキューティクルをいたわり、本格的な秋が来る前にナチュラルビューティーな美髪を取り戻しましょう♪


hairmask_avocado.jpg

~No.1 うっとりツヤ髪になれる『Avocado Hair Mask』~

アボカドの保湿成分が髪に潤いを与えて栄養をプラス。リンゴ酢が髪本来の滑らかさを保ってくれ、スタイリングしやすい髪へと整えてくれます。

【材料】
■バナナ 1本
■アボカド(しっかり熟したもの) 1個
■オリーブオイル 小さじ1


【作り方】
1.すべての材料をボウルに入れてしっかり潰す。
2.よく混ぜてペースト状になったら完成!

【使い方】
根元から毛先までしっかりとヘアマスクを塗って30分放置。シャンプーしてペーストを落としたら、最後にリンス代わりにリンゴ酢で髪をすすいで仕上げましょう!


hairmask_bananaolive.jpg

~No.2 乾燥が気になるドライヘアに『Banana And Armond Oil Hair Mask』~

毛髪の軟らかさ&弾力をキープするバナナと潤いを閉じ込めるアーモンドオイルが乾燥や気温の低下からキューティクルを保護してくれるヘアマスク。「とにかく一年中、髪の毛がパサパサしてる!」という方にオススメです。

【材料】
■バナナ 1本
■アーモンドオイル 小さじ1


【作り方】
1.潰したバナナとアーモンドオイルをよく混ぜたら完成です。アッという間にできちゃいますね!

【使い方】
痛みが気になる部分を中心にたっぷりと髪に塗布して30分放置。その後、いつも通りに髪を洗ってください(もちろんリンスorコンディショナーまで行ってOKです)。


hairmask_caramelrelax.jpg

~No.3 巻き髪にも休息を『Caramel Hair Relaxer』~

何ともおいしそうな名前のヘアマスクですが(笑、キャラメルの成分が巻き髪を水和させ、カールヘアを扱いやすく&事前のスタイリング時間を短縮させる効果をもたらしてくれます。しっかりケアすることで外出がこれまで以上に楽しくなるかも!?

【材料】
■蜂蜜 1/4カップ
■モラセスシロップ(Blackstrap) 1/4カップ
■オリーブオイル 1/4カップ
■リンゴ酢 適量
■バナナ入りベビーフード 1本
 ※バナナ1/2本でも代用可

【作り方】
1.すべての材料をボウルに入れてよく混ぜたら完成です!

【使い方】
毛髪を4つのセクションに分けて、うなじ→頭頂部の順にブラシで(根元から毛先まで)たっぷりと塗布!全体になじんだらシャワーキャップをかぶったまま1時間ほど放置→その後キャラメルトリートメントを流し、いつも通りに髪を洗って(リンスorコンディショナーもしてOKです)から最後に冷水で流せば(これで輝きが蘇るのだそう)完了です。


hairmask_nourishing.jpg

~No.4 髪にたっぷり栄養を!『Nourishing Hair Mask』~

ヨーグルト、レモン、卵…。毛髪に不可欠な“タンパク質”が豊富なヘアマスクがあなたの髪を強化して、強い紫外線から保護してくれます。デリケートな髪質の方にもオススメです♪

【材料】
■ヨーグルト 2カップ
■レモン果汁 大さじ1
■卵 1個分


【作り方】
1.深さのあるボウルに材料を入れ、しっかり混ぜたら完成です!

【使い方】
頭皮に塗るヘアマスクなので、先にシャンプーを行い、頭皮のクレンジングorオイルケアを行った後に使用します(もちろん毛先にも使えます)。ヘアマスクをたっぷり塗ったまま20分ほど放置し、その後ぬるま湯で充分に洗い流せばケア完了です!


hairmask_strawberry.jpg

~No.5 ベタつきが気になる、という方に『Strawberry Hair Mask』~

イチゴ&重曹が夏の間に分泌された余分な皮脂を取り除き、毛穴を健やかな状態に整えてくれます。保湿性の高いアボカドや洗浄機能に優れた重曹、髪の滑らかさを保つリンゴ酢も一緒に加えるので、ヘアケア効果ももちろんバッチリ!フレッシュなイチゴの甘酸っぱい香りが、いつものバスタイムを豪華に演出してくれるはず♪

【材料】
■イチゴ 4個
■アボカド 1/4個分
■重曹 大さじ1
■リンゴ酢 大さじ1


【作り方】
1.ミキサーorフードプロセッサー等のブレンダーにイチゴ、アボカド、重曹を入れて滑らかになるまで攪拌します。よく混ざったらリンゴ酢を加えて全体をサッとブレンドし、発泡しはじめたら完成です。

【使い方】
根元からヘアマスクをたっぷりと塗布して10分放置、その後、いつものように髪を洗えば完了です。こちらも「頭皮に塗るタイプ」のヘアマスクなので、一度シャンプーしてから使いましょう!


以上、『ヘアタイプ別 〈自家製ヘアマスク〉10選』はいかがでしたでしょうか? どのヘアマスクも「ボウルに入れて混ぜるだけ」というお手軽レシピで今すぐ真似できそうなのが嬉しいですよね。

季節の変わり目はスキンケアに気持ちが傾いてしまいがちですが、髪の調子がいいと気分もアガります。参照記事では今回ご紹介したマスクの他に、もう5種類ヘアマスクが掲載されているのでぜひ参考になさってみて下さい♪ この秋はお肌だけでなくヘアリペアにも注意して、肌寒い季節を乗りきりましょう!


mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.