"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

BEAUTYBeauty & Wellness

〈花のヘッドドレス〉をDIYして、暮らしに華を取り入れよう!

2014.05.14

風薫る爽やかな季節になりました。

一年でもっとも華やかな花の季節が到来!ということで。
ふだんは出不精の私もこの時期ばかりは外に出て、近所の猫たちをストーキングしながら、あちらこちらでフラワーウォッチングを楽しんでいます。

オフィスビルの立ち並ぶ一帯ではあまり目につきませんが、すこし郊外に行くとガーデニングを愉しんでおられるお宅が沢山あり、散歩中にもつい「これはなんという花だろう?」と足を止める機会が増えます。
街路樹を縫うように植えられたパンジーや公園に咲いたサツキ、こういった花々には子どもの頃から親しんでもう何度も目にしているはずなのに、一斉に開花した姿を見ると今でも心弾むのが不思議です。

これから秋口まで、さまざまな花が入れ替わるようにして咲き、次々と景色を彩る様子は見事のひと言に尽きますが、庭に植えたり室内に飾ったりするだけでなく、たまにはちょっとユニークな方法で暮らしに花を取り入れみてはいかがでしょうか?

そんなわけで今回ご紹介したいのが、DIYで『花のヘッドドレス』を作る方法。
結婚式などでよく見る“生花をヘアアレンジに使うアイデア”を、自宅でも気軽にやってみよう!というご提案です。


────────────────────────────────────────────────
『SPRING FLORAL HEADPIECE』

【材料】
■お好きなブーケ
(つぼみや小花、グリーンを混ぜると隙間が埋まり、動きが出てナチュラルな仕上がりになります)
■ワイヤー(できれば花用のもの)
■ハサミ(盆栽用のこういったハサミが良いようです)
■ボビーピン

────────────────────────────────────────────────


FloralHeadpiece_002.jpg


まず用意するのは好みの花束と上記の材料。
花束は小さくてもいいし、ボリュームがなくても大丈夫!少ない本数でも可愛く仕上がるので、その日の気分で剪定がてらベランダの気に入った花を1~2本カットしても事足ります。
いくつか花を組み合わせる場合は、小花やグリーンを加えると隙間が埋まってナチュラルな仕上がりになるのだとか。
また、ヘッドドレスに動きを出したいときは、つぼみや少し長めの花(稲穂状に咲くタイプのもの等)を加えても良いようです。


FloralHeadpiece_003.jpg
1.材料となる草花の茎をすべて5cm程度の長さにカットします


FloralHeadpiece_004.jpg
こんな感じで、すべて同じくらいの長さにカットしてしまいます


FloralHeadpiece_005.jpg
2.まずはどれでもいいので、異なるタイプの花(2本分)の茎をワイヤーでまとめましょう


FloralHeadpiece_006.jpg
3.配色やバランスを考えながら、2.の束に1~2本ずつ草花をプラスしていきます
(花をまだ追加するかどうか迷ったら、鏡の前で顔周りに合わせてみるとバランスが分かります)


FloralHeadpiece_008.jpg
4.ちょうどいいバランスになったところでヘアピンを付け、完成です。


FloralHeadpiece_0001.jpg
実際に髪に飾るとこんな感じ。


FloralHeadpiece_011.jpg
お子さんがつけてもかわいいですね。


このヘッドドレスは、バッグの持ち手に巻きつけたり、手芸用グルーで裏側にピンを付けブローチに変えることも可能。かわいく包装すれば、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれそうですよね。

ちなみに根元のワイヤーは花で隠れてしまいますが、気になる方はあらかじめフローラテープやマスキングテープなどでワイヤーを巻き、地金を隠しておくと良いと思います。
また、生花を使うということで香りもいっしょに楽しめるので、ハーブや野菜、果物などをアレンジしても面白そう。たった一輪でも顔周りに花があるだけでぐっと華やかになり、心まで軽やかに感じられるので、皆さんもぜひいろいろとチャレンジしてみてください。

これから気温が上昇するにつれ大柄の花が咲き始めます。
春の息吹を全身で感じつつ、花で暮らしに彩りをプラスして、梅雨入りまでの美しい季節を思いきり楽しみましょう!


mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.