"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

FOODGourmet & Recipe

話題のフードマガジン『EAT BOUTIQUE』が、製作中の料理本から秘蔵レシピを公開!

2014.06.04

小ロットでこだわりの逸品を作る“Makers”と呼ばれる生産者を紹介したり、季節の旬を閉じ込めたオリジナルギフトを企画・販売するなど、ユニークかつ充実したコンテンツで世界中のフードラヴァーに支持されるWEBマガジン『EAT BOUTIQUE』

そんな『EAT BOUTIQUE』の創始者でもあるカリスマ・ブロガー=Maggie Battistaが、初のクックブックを出版することが決定!…というニュースは以前nu-naturalでもご紹介しましたが、今回は、今秋の書籍発売に向け「過去最高に慌しい1ヶ月を過ごした」というマギーの近況をご報告したいと思います!

Mussels_001.jpg

ここ数ヶ月は、カリフォルニアやフランス、ドイツといった国々を飛び回り、アメリカを中心にユニークな店舗を展開する人気セレクトショップ“Anthropologie”や、マサチューセッツ州にあるコワーキングスペース“Fringe Union”に限定ショップをオープンさせたりしていたというマギー。カリフォルニアでも“The Big Traveling Potluck”というフード関係のブロガーミーティングを主催するなど、常に精力的に活動しつつ、週末ごとにレシピの試作や改良、原稿のとりまとめなどを繰り返す日々は「本当に大変で泣きそうだった」と思わず愚痴をこぼしてしまうほど多忙だった模様。

しかし人望の厚い彼女のこと、週末がくるたび知人や友人たちが自宅まで手伝いに訪れ「それこそありがたくて思わず涙が出た」のだとか。
今回クックブックに掲載するレシピは、世界中のEAT BOUTIQUE読者から寄せられたレシピから優れたものをピックアップし改良を加えたものを紹介するつもりらしく、試作→改良→レシピ執筆という一連の作業にとにかく時間を費やしているのだそう。

レシピ本の編集はまさに今が正念場!そんなクックブックの製作現場から、マギー自身プライベートでもよく作るという「とっておきの秘蔵レシピ」をいくつかBlogで紹介してくれているので、nu-natural読者の皆さんにコッソリ伝授させていただきます!


Mussels_002.jpg

『メイヤーレモンのミニ・カンノーリカップス(10~12個分)』

イタリアの伝統的なスイーツ“カンノーリ”を、たった5つの材料で手軽に作れるようアレンジしたレシピ。
レシピで指定されている「メイヤーレモン」は、オレンジとレモンが自然交雑して生まれた柑橘の品種ですが、日本では生産者が少なく入手しづらいので、国内でも手に入りやすい品種のレモン(リスボン種、ユーレカ種など)で代用すると良いと思います。

【材料(フィリング)】
■リコッタチーズ(全乳のもの) 約320グラム
■粉砂糖 1/2カップ
■上白糖 大さじ2
■バニラエッセンス(バニラビーンズでもOK) 小さじ1
■メイヤーレモン(果汁は絞り、皮はすりおろしておきます) 2個

【材料(クラスト)】
■冷蔵のクラスト生地 2シート
■上白糖 大さじ2
■シナモン 小さじ1

Mussels_004.jpg

【作り方】
1.まずはフィリング作りから。ボウルにフィリングの材料を全て入れ、滑らかになるまでミキサーでよく攪拌します。
2.完成したフィリングは冷蔵庫へ、最低でも1時間以上(前日に仕込んでおいても大丈夫です)冷やしておきましょう。
3.オーブンを220度に予熱し、クラストを準備します。冷凍のクラスト生地を広げ、表面に上白糖とシナモンを振りかけます。
4.上白糖、シナモンを軽く押しつけながら、麺棒で生地を伸ばします。
5. ビスケットカッター等を使って生地から10~12個分のクラストが取れるよう円形にカットします。
6.生地が崩れないよう注意しながらカップケーキ型に入れ、そっと押し付けてクラストを形成します。
7.カップの底をフォークで刺し、空気穴を開けてから、余熱したオーブンで8~10分ほど焼きます。
8.焼きあがったクラストはしっかり冷ましましょう。絞り袋にフィリングを移し、冷めたカップに搾り出したら完成です!

※絞り袋がない場合は、ジップロックなどにフィリングを詰め、角をカットして使ってもOKです。


Mussels_005.jpg

『ムール貝のシードル蒸し(2人分)』

ここで使用する「Cider」とは炭酸飲料のサイダーではなく、りんご由来の発泡酒「シードル(hard Cider)」です。
ムール貝は新鮮なものを使用したいので、動かなくなった貝はあらかじめ省いておきましょう。ムール貝が入手しづらい場合は大きめの貝(はまぐり、ホタテなど)でも代用できるのでお試しあれ!

【材料】
■新鮮なムール貝 約1.2kg
■大きめのエシャロット(小玉ねぎでもOK) 2個
■デザートアップル(フジ、レッドデリシャスなどの品種) 1個
■タイム 2枝
■りんごのシードル 180ml
■生クリーム 90ml
■バター 約57g
■イタリアンパセリ 片手にひと握り分

【作り方】
1.ムール貝は入念に洗って汚れを取り除き、ひたひたの冷水にしばらく浸けておきます。
2.エシャロットとりんごはサイコロ状に切り、パセリは粗めのみじん切りにしておきましょう。
3.大きめのソースパンを中火にかけ、バターが溶けたら、りんご、エシャロット、タイムを加えてじっくりと加熱します。
4.10分ほど経ったら火を強め、ムール貝とシードルを投入。貝にシードルを回しかけながら全体が沸騰するまで加熱します。
5.シードルが沸いたらソースパンに蓋をし、ときどき蓋を開けて全体を混ぜながら貝の口が開くまで蒸し焼きにます。
6.貝の口が開きはじめたら生クリームを加え、焦げ付かないよう鍋肌を混ぜながらさらに加熱します。
7.全体的に貝の口が開いてきたらみじん切りにしたパセリを加え、火を止めてフィンガーボウルに移して完成です!

※エシャロット、りんご、タイムは時間をかけて加熱することで複雑な味わいが生まれます。焦らずじっくり調理しましょう。
※ムール貝は火を通しすぎると風味が損なわれてしまうので、強火で一気に(5分以内が理想です!)調理しましょう。

────────────────────────────────────────────────
ちなみに参照記事では『Toasted Coconut Coffee Muffins』など、他にもレシピが紹介されています。
また、「皆さんにもクックブックの制作現場の興奮を伝えたい!」ということで、マギーはInstagramを随時更新中。レシピ本の進捗が気になる方は、こちらもぜひチェックなさってみてください!


mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.