"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

2014.03.04

春の大掃除で活躍する、エコフレンドリーな〈グリーン・プロダクト〉10選。

大掃除というと、日本では年末の恒例行事になっていますが、欧米諸国では暖かくなりはじめた春に大掃除をする「スプリング・クリーニング」が一般的。そこで今回は、ガンコな汚れを落とすパワフルさと、地球にダメージを与えないエコフレンドリーさを兼ね備えた「グリーン・プロダクト」をご紹介!

2014.03.02

イーストロンドン発! 車イスのまま快適に過ごせる、究極の〈バリアフリー〉ツリーハウス。

2014年2月。ロンドン東部、かの有名なロンドンタワーを有するタワーハムレッツと呼ばれる特別区に、美しく独創的な“バリアフリーの家”が出現しました。「部屋に閉じこもりがちな母に、車イスのまま快適に過ごせる家を」というクライアントからの要望に応え、この見事なツリーハウスを建築したのは、ロンドンの若手建築ユニット『6a architects』…

2014.02.27

世界最先端の建築デザイン! 公園一体型の緑豊かなecoマンション。

100種類ものカテゴリーでデザインコンペを統括する「A' Design Award and Competition」。今回は、2013-2014年度の“建築・構造デザイン部門”のデザイン賞に輝いたUAEの公園一体型マンションをご紹介! キーワードは「持続可能性」と「半公共性」。最先端のデザイン設計が見えてくる、集合住宅の未来とは…!?

2014.02.25

地球とお財布にやさしい〈ナチュラル・クリーニング〉のすすめ。

なにかと億劫になりがちな日々の掃除…。ちょっとした汚れでも放置すると落ちにくくなりしますし、やはり「毎日の生活の中で少しずつハウスキープする」のが理想ですよね。そこで今回は、近年注目度が高まっている“ナチュラル・クリーニング”をご紹介! エコロジカルかつエコノミカルなお掃除術で、生活向上を目指しましょう!!

2014.02.23

ついに本格稼動! 世界最大のソーラー発電所「Ivanpah」をバーチャル見学してみよう!!

2014年2月13日、カリフォルニア州南部のモハーベ砂漠に建設された世界最大のソーラー発電所「アイヴァンパー太陽光発電システム」が本格稼動をはじめました。そこで今回は、超大国・アメリカが本腰を入れて取り組みはじめた“再生可能エネルギー”事業の最前線を、美しい写真と共にレポートしたいと思います。

2014.02.19

ハーブやスパイスの“感覚刺激”の可視化に挑んだ、感動の一発撮りCM。

今回はイギリスで話題の、Schwartz社のCMをご紹介。こちらのCMにはナレーションやコピーは一切なく、映像に使用されているのはフレーバーショットの原料と、美しいアンビエントミュージックのみ。日本のテレビCMのようないわゆる“広告然”としていない、現代アートのような美しい映像をご鑑賞ください。

2014.02.18

真冬には、カラダの芯から温まる〈栗のスープ〉で寒さ対策を。

日本各地で記録的な大雪が続く2月。底冷えする寒さ対策には、スープを飲んでカラダの芯から温めるのがイチバン! そこで今回は、寒さ厳しい2月を乗りきるためのとっておきの一品をご紹介。この特製スープさえあれば、凍てつくような寒い日もへっちゃら!? 今日からスープ生活、はじめてみませんか?

2014.02.17

哲学に耽りながら渡りたい――世界の美しすぎる〈名橋〉10選

みなさんの住む街には、魅力的な「橋」はございますか? 川のあるところに橋あり、橋のあるところに文明あり…ではないですが、古代より人々の生活インフラとして重要な役割を担ってきた橋。そこで今回は橋の魅力を再発見するために、「美しい造形」というテーマに絞って世界の“名橋”をご紹介!

2014.02.16

アフリカの大地に“ひとつの町”を創り上げる! 最高にクリエイティブなD.I.Yフェス『アフリカバーン』。

日本でも野外フェス文化がすっかり定着しましたが、世界に目を向ければ、トンデモナイ規模のフェスがあるもんですね! 今回は南アフリカで毎年開催されている世界最大規模のD.I.Yアートフェス『アフリカバーン』をご紹介。このフェスの何が凄いって、参加者が一丸となって「ひとつの町」を創り上げちゃうんです! 気になるその全容とは…!?

2014.02.15

シドニーで進む緑の革命――〈サスティナブル・シティ〉をデザインする案とヒント。

21世紀の都市計画において最も重要な志向は、環境を破壊せずに持続可能な開発を推進する“サスティナブル・デベロップメント”だと言われています。そんな未来志向の都市計画を、行政・企業・市民が三位一体となって取り組んでいる都市が、豪州最大の人口を誇るシドニーです。今回はシドニーにおけるグリーン化プロジェクトについてレポートしたいと思います。

2014.02.13

あなたの知らないパッケージデザインの世界。

100種類ものカテゴリーでデザインコンペを統括するA’Design Award and Competition主催の“国際パッケージングデザイン賞”の中から、思わず衝動買いしたくなってしまう優れた商品をご紹介。あなたの購買欲求を刺激するパッケージデザインは、一体いくつあるでしょうか?

2014.02.12

ノーモア 育児ストレス! ベイビー&パピーの“ワン”ダフルな関係。

「かわいい~!!!」と思わず叫んでしまいたくなる赤ちゃんとワンコのツーショット。この愛らしい写真を公開してくれたのは、ニューヨーク在住で、この赤ちゃんの母親でもあるジェシカさん。こんなに愛らしい寝姿を毎日見ることができたなら、育児ストレスとは無縁の生活を送れるかもしれませんね!?

2014.02.11

だれもが息を呑む「流木アート」と、そこから生まれた「8万本の植樹」プロジェクト。

まるで本当に生きているかのような躍動感! この馬の彫刻を手掛けたのは、フィリピン・セブ島に暮らす英国人アーティスト「James Dran-Webb」。今回は彼の移住にまつわる話と、流木アートを通して行ってきた慈善活動、さらにはフィリピン政府をも巻き込む巨大プロジェクトへと発展した環境活動をレポート!

2014.02.10

村を愛する人は、こころ清き人。

「中央から地方の時代へ」と叫ばれて久しい日本。各地方都市から魅力あふれるカルチャーが勃興しているなか、ローカリズムのさらなる深化として今注目されているのが、“美しい村”の再発見です。今回は日本ではなく、世界にある美しい村々の写真を紹介しながら、「美しい暮らしとは?」について考察してみたいと思います。

2014.02.09

はじめてのハンドメイド・ギフトに『バニラエクストラクト』はいかが?

友人宅のホームパーティーや食事会に招かれたとき、持参するお土産のチョイスに困ったりしませんか? 出来合いのお菓子やスイーツでもいいのですが、せっかくの機会だから、真心を込めた一品を贈りたいですよね…。そこで今回は、自宅で簡単に作れるワンランク上の手作りギフトをご紹介します。

2014.02.07

吾輩は〈スケボーに乗る〉猫である。

オーストラリア随一のサーフィンのメッカとして知られるゴールドコーストで、スケボーに乗れる猫を発見! このニャンともイカした猫ちゃんの名前は「Didga」。障害物だってなんのその! 抜群の運動能力で、難易度の高いトリックを連発! 世界でも稀少な“猫のスケボー動画”をぜひともお楽しみください。

2014.02.06

その男、精密につき――独学でリアリズムを体得した「究極の鉛筆画」。

被写体の人生の陰影をとらえた美しいモノクローム写真…ではなく、このメインビジュアルはなんと鉛筆で描かれているんです! この高解像度写真と見間違わんばかりの圧倒的画力の絵を描いたのは、イタリアの芸術家フランコ・クラン。今回は彼の美しすぎる「鉛筆画」コレクションをご紹介します。

2014.02.05

自然と口角が上がる! ビクター・ヌネスによる「フードアート」の世界

このユニークな「フードアート」を手掛けたのは、アーティストのビクター・ヌネス氏。Facebookを中心に盛り上がりをみせ、世界中のネットユーザーが関心を寄せる、今もっともHOTな表現者の一人です。センスあふれるイタズラ心が生む、独特のおもしろさの秘密について、迫ってみたいと思います。

2014.02.04

人生観が180度かわる! ハワイに存在する“天国の階段”

みなさんはハワイの隠れた絶景スポット「haiku stairs」をご存知でしょうか? ここは通称“天国の階段”といわれる、知る人ぞ知るハイキングスポット。今回はハワイ発のデジタルマガジン『Unreal Hawaii』の創業者、David Chatsuthiphanが登頂した際の写真と共に、そのプレシャスな魅力に迫ります!

2014.02.03

未来世紀を予感させる、シドニーの『K邸』

シェルターのような未来建築を彷彿とさせる外観と、光に溢れた解放的な空間――今回は、そんな2つの顔をもつオーストラリアの邸宅をご紹介します。シドニーハーバーの一角に建てられた『K邸』は、Tony ChenchowとStephanie Little夫妻の建築ユニット「Chenchow Little」によるもの…

mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.