"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

JOURNEYTravel Abroad

Editor Topics

2014.10.21

ココロとカラダを目覚めさせる『Thalasso Spa Belle Mer』で、スロウな秋の沖縄旅を――。

日本では数少ない、フランスのオーセンティックなタラソプログラムが受けられる世界標準のスパ『タラソスパ ベル・メール』で、ココロとカラダを目覚めさせる“沖縄の秋”を体感しませんか?

2014.08.24

〈1週間分のゴミ〉と撮った衝撃のポートレート。あなたの出すゴミは、7日間でどれくらいでしょう?

自身の撮る写真を通じて社会に警鐘を鳴らすアーティスト、Gregg Segal。彼の作品から「1週間分のゴミとその持ち主を写す」シリーズ=“7 Days of Garbage”をご紹介したいと思います。

2014.07.25

気持ちがヒンヤリ涼しくなる? アイスランドの絶景にクールトリップ!

ネイチャーフォトの写真家、Erez Maromの作品からアイスランドの絶景をご紹介! このところ蒸し暑い日が続いていますが、画面に広がる「氷の世界」に触れて、ヒンヤリ納涼してみませんか?

Editor Topics

2014.07.08

“音楽・山岳・勉学の街”を余すところなく体感できる、和心地の湯宿<界 松本>。

雄大な自然に囲まれた城下町・松本の奥座敷として知られる浅間温泉は、今から約1300年前に編纂された歴史書“日本書紀”にも登場すると言われる名湯。長野県下でトップレベルの湯量を誇るこの温泉郷の中で、旅慣れた湯治客達にひときわ定評のあるモダンな湯宿『界 松本』をご紹介します。

2014.05.26

夏が来る前に押さえておきたい!ガイドブックには載っていない〈現在進行形のBALI〉。

年末年始、GWに次ぐまとまった連休ということで、今から待ち遠しいのが夏期休暇!欧米のような長いお休みの取れない日本でも「なんとか充実した海外旅行を!」と切望する方は多いのでは? そこで今回は、南国バリを堪能してきたばかりの人気ブロガー=Geneva Vanderzeilのレポートをご紹介!弾丸トラベルをオシャレに楽しむ最旬Tipsが満載です!

2014.05.23

スミソニアン・フォトコンテスト優秀作品に触れて、〈旅〉の魅力を再発見しよう。

世界中から寄せられた約5万点以上もの応募作から、自然、旅行、人間、アメリカ、加工画像、携帯電話の6部門に分けて作品を精査し、最終選考と読者投票で優秀作品を決定する〈スミソニアン・フォトコンテスト〉。最終選考に残った作品には、旅に出たアーティストたちが現地で体感した〈旅の魅力〉がいっぱい詰まっています。

Editor Topics

2014.04.13

街を出て、旅にでよう。心華やぐ和の春旅、いざ「界 熱海」へ。

木々がやわらかく芽吹き、百花繚乱の春がやってきました。“月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也”——の序文から始まる名著『奥の細道』の著者である松尾芭蕉も、「そぞろ神に誘われ浮き足立った」というこの季節。日毎のどけさの増す春の陽気に、「どこか遠くへ…」と想い巡らす方も多いのではないでしょうか?先日、以前から気になっていた宿の下調べも兼ねて、早春の熱海へ出かけて参りました。

2014.04.05

美しきイスラムの世界。― 極彩色に輝く 〈ローズ・モスク〉の幾何学模様 ―

多くの日本人にとって、神秘のベールに包まれたイスラムの世界。かつて世界の文化をリードしていたペルシアの血を継ぐイランに足を踏み入れ、この「ローズ・モスク」の美しすぎるステンドグラスの光を網膜の裏に焼き付けたとき、私たちは初めてこの国がもつ深い芸術性を真に理解できるのではないでしょうか…

2014.03.31

ハイジもびっくり!? エクアドルにあるワイルド過ぎる空中ブランコ。

写真を見てまっさきに“ハイジだ!”と思った方は、筆者と同じ昭和生まれかと(笑)。宮崎駿監督の出世作としても知られるアニメ『アルプスの少女ハイジ』の中で真っ先に思い浮かぶシーンといえば、オープニングで流れる長~い空中ブランコ。あのブランコにそっくりな観光スポットが、南米・エクアドルに存在するとの噂をキャッチしました…

2014.03.12

アルプスの銀世界に包まれた、最高級スキーリゾートホテル。

スキー文化の発祥地であるヨーロッパ圏では、古くから最高級スキーリゾート地として親しまれてきた、フレンチ・アルプスにあるクールシュヴェル。この地に昨年末、モダンかつエレガントな5つ星ホテルが新たに誕生しました。その名は『ラポジェ・クールシュベル』……

2014.03.09

18世紀ロマン派のイデオを継ぐ〈Folly〉――NYの公園に建てられたフリーダム建築『Tree wood』。

みなさんは18~19世紀にかけて、ヨーロッパのロマン派の間で流行った「特定の用途を持たないフリーダムな建物」の総称を指す“Folly”をご存知ですか? なんだかとても上流階級の香りがしますが、そんなFollyを200余年もの時を経て現代に蘇らせたコンペがあるそうで……

Editor Topics

2014.03.06

洗練されたおもてなしと、豊富なアクティビティをそなえた北日本屈指のリゾートホテル。

2007年に観光立国推進基本法が施行され、観光立国に向けて前進し続ける日本。この国家的プロジェクトの仕掛け人こそ、星野リゾート社長・星野佳路氏、その人です。日本各地の破綻したリゾート施設を何度も蘇らせてきた星野リゾート。「なぜ星野には、再生させる力があるのか?」――その疑問を解くため、グループ最北の施設『リゾナーレトマム』を取材してきました。

2014.02.23

ついに本格稼動! 世界最大のソーラー発電所「Ivanpah」をバーチャル見学してみよう!!

2014年2月13日、カリフォルニア州南部のモハーベ砂漠に建設された世界最大のソーラー発電所「アイヴァンパー太陽光発電システム」が本格稼動をはじめました。そこで今回は、超大国・アメリカが本腰を入れて取り組みはじめた“再生可能エネルギー”事業の最前線を、美しい写真と共にレポートしたいと思います。

2014.02.17

哲学に耽りながら渡りたい――世界の美しすぎる〈名橋〉10選

みなさんの住む街には、魅力的な「橋」はございますか? 川のあるところに橋あり、橋のあるところに文明あり…ではないですが、古代より人々の生活インフラとして重要な役割を担ってきた橋。そこで今回は橋の魅力を再発見するために、「美しい造形」というテーマに絞って世界の“名橋”をご紹介!

2014.02.16

アフリカの大地に“ひとつの町”を創り上げる! 最高にクリエイティブなD.I.Yフェス『アフリカバーン』。

日本でも野外フェス文化がすっかり定着しましたが、世界に目を向ければ、トンデモナイ規模のフェスがあるもんですね! 今回は南アフリカで毎年開催されている世界最大規模のD.I.Yアートフェス『アフリカバーン』をご紹介。このフェスの何が凄いって、参加者が一丸となって「ひとつの町」を創り上げちゃうんです! 気になるその全容とは…!?

2014.02.10

村を愛する人は、こころ清き人。

「中央から地方の時代へ」と叫ばれて久しい日本。各地方都市から魅力あふれるカルチャーが勃興しているなか、ローカリズムのさらなる深化として今注目されているのが、“美しい村”の再発見です。今回は日本ではなく、世界にある美しい村々の写真を紹介しながら、「美しい暮らしとは?」について考察してみたいと思います。

2014.02.07

吾輩は〈スケボーに乗る〉猫である。

オーストラリア随一のサーフィンのメッカとして知られるゴールドコーストで、スケボーに乗れる猫を発見! このニャンともイカした猫ちゃんの名前は「Didga」。障害物だってなんのその! 抜群の運動能力で、難易度の高いトリックを連発! 世界でも稀少な“猫のスケボー動画”をぜひともお楽しみください。

2014.02.04

人生観が180度かわる! ハワイに存在する“天国の階段”

みなさんはハワイの隠れた絶景スポット「haiku stairs」をご存知でしょうか? ここは通称“天国の階段”といわれる、知る人ぞ知るハイキングスポット。今回はハワイ発のデジタルマガジン『Unreal Hawaii』の創業者、David Chatsuthiphanが登頂した際の写真と共に、そのプレシャスな魅力に迫ります!

2014.02.03

未来世紀を予感させる、シドニーの『K邸』

シェルターのような未来建築を彷彿とさせる外観と、光に溢れた解放的な空間――今回は、そんな2つの顔をもつオーストラリアの邸宅をご紹介します。シドニーハーバーの一角に建てられた『K邸』は、Tony ChenchowとStephanie Little夫妻の建築ユニット「Chenchow Little」によるもの…

2014.02.02

魂を洗濯してくれる美しい〈森の家〉

森には命を蘇生する力が宿っています。新鮮な空気を胸いっぱい吸い込むだけで、なんとなく“体内が洗われた気分”になったりするから不思議です。そんな森の蘇生力に魅せられて、森を旅する人が増えていると聞きます。そこで今回は、森を旅したときにバッタリ出くわしたい、美しい森の家々をご紹介します。

mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.