"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

JOURNEYTravel Abroad

Editor Topics“音楽・山岳・勉学の街”を余すところなく体感できる、和心地の湯宿<界 松本>。

2014.07.08

3000メートル級の山々が連なる北アルプス。その雄大な自然に囲まれた城下町・松本の奥座敷として知られる浅間温泉は、今から約1300年前に編纂された歴史書“日本書紀”にも登場すると言われる名湯。江戸時代には名だたる大名や旗本に、明治時代には与謝野晶子や竹久夢二をはじめ数々の文人墨客に愛された保養地としても有名です。

今回は、長野県下でトップレベルの湯量を誇るこの温泉郷の中でも、旅慣れた湯治客達にひときわ定評のあるモダンな湯宿『界 松本』をご紹介したいと思います。

IMG_4887.jpg

数多の温泉旅館がひしめく浅間温泉、随一のデザイナーズ建築でもある『界 松本』は、和の風情と現代的なサービスが融合した新しい概念の温泉宿。「美肌の湯」としても名高いアルカリ性単純温泉での湯浴みを存分に愉しめる8種13通りの湯殿と「旬の食材」にこだわった四季折々の会席料理で、ワンランク上の上質な旅を演出してくれます。

IMG_4907.jpg

デザイナーズ…といっても、雲母刷屋根に組子障子、天井や壁に施された墨流しや、スサ入りの土壁など、随所に日本の伝統美を潜めた純和風の建築様式。松本に根付き、松本を表現するその意匠は、日本人のみならず海外から訪れるビジター達にも感動を与えてくれます。これについては画像をご覧いただくと分かるかと思うのですが…どうです?とっても素敵ですよね。

IMG_4847b.jpg

IMG_0675b.jpg

IMG_0674b.jpg


円くて高い天井が特徴的なエントランスロビーは、別世界への入口。音楽・山岳・勉学の「三ガク都」と謳われる松本の特色でもある音楽に着目し、『界 松本』ならではの楽しみ=ご当地楽のひとつとして、滝が水しぶきをあげる吹き抜けの大空間で素晴らしい音響のなか信州特産のワインやチーズを味わいながらクラシックの生演奏を堪能できる…というのも魅力。

IMG_0698b.jpg

また、この時期だけのお愉しみとして、8月末まで北アルプスの恵みを受けた美しい湧水を堪能できる“湧水めぐり”も開催中。期間中は源氏物語でも光源氏が食べたといわれる“水飯”や“季節野菜の湧水蒸し”といった料理のほか、湧水を使った水出しコーヒーやハーブティーなども館内で味わえるのだとか。オリジナルタンブラー&湧水マップを手に市内の名水を訪ね、和の情緒で夏の涼を感じるのもまた一興ですよね。

matsumoto_yusui.jpg

そして旅の愉しみといえば、やはり食事。松本は、高原野菜に茸や果物、イワナに代表される川魚など、美しい水と清らかな台地が豊かな山の幸を育む“味処”でもあります。

『界 松本』では長野の旬を余すところ無く味わえるベーシックな日本会席に、オプションで季節の特別会席もご用意。和を基調とした料理に斬新なアイデアを盛り込み、地域の地酒はもちろんワインにも合うよう一皿一皿に心が尽くされています。優美な中庭を眺めながら、おいしい食事に舌鼓…。職人らの手仕事で仕上げられた伝統工芸の数々に触れ和モダンの個室で寛ぐひとときは、何にも代え難い贅沢な時間となることでしょう。

IMG_4846b.jpg

IMG_4850b.jpg

天然石の“大風呂”や床下に精油をしみ込ませた“檜(ひのき)おがくず風呂”、移ろう季節を肌で感じる庇のついた“露天風呂”に加え、全身を泡に包まれながらゆらゆら横たわる“寝湯”、タイル張りの寝椅子や床・壁面に循環する温泉でじわじわ温まる“ラディアントバス”、リラックスチェア付きの“ミストサウナ”、白木と白壁の“ドライサウナ”など、館内の温泉設備=『祥雲』と『貴天』でバラエティ豊かに愉しめるお風呂は「とことん湯治を追求したい」という方にもご満足いただけること請け合いです。

そして、何よりも特筆すべきは「心に残るおもてなし」。『界 松本』では、お客様に喜んでいただきたい…という気持ちを第一とした誠意溢れるサポートが快適かつ自由な滞在を実現してくれます。

IMG_0684b.jpg

到着してすぐに、ロビーで供される温かいおしぼりやお茶、和菓子。客室にはお持ち帰りOKなオリジナル風呂敷を筆頭にアメニティが充実し、冷蔵庫にはピッチャーで用意された松本の「湧水」や世界三大ビア品評会で金賞を受けた地ビール「よなよなエール」などドリンクも多彩に完備。この他にも夏の肌に心地よい麻浴衣が用意されているなど、館内が語りつくせぬ細やかな気配りに溢れていることもお忘れなく。

IMG_4877.jpg

ミシュラン・グリーンガイドで2つ星を獲得した松本郊外の“浮世絵博物館”にも近く、7月初旬までは美しいホタルも堪能できる浅間温泉界隈では、松本城を背景に和太鼓を愉しむ“国宝松本城太鼓まつり(7/26・27)”や松本市を代表する夏まつり“松本ぼんぼん(8/2)”、小沢征爾氏の名指揮を堪能できる“サイトウ・キネン・フェスティバル(8/10~9/6)”など、これから夏に向けてイベントも盛り沢山です。

新緑の美しい乗鞍高原・美ヶ原高原への登山やハイキングの拠点としてもご利用いただける『界 松本』。ここでしか出会えない和ごころに満ちたおもてなしを、ぜひ皆さんも体感なさってみてはいかがでしょう?



────────────────────────────────────────────────

【Information】
■名称:星野リゾート 界 松本
■住所:長野県松本市浅間温泉1-31-1
■電話:0167-58-1111
■HP:http://kai-matsumoto.jp/

<アクセス>
JR松本駅から車で約15分、バスで25分。松本空港から車で約40分。

◇東京方面からのアクセス
中央自動車道を岡谷JCTで長野方面へ。松本IC下車→松本IC→松本IC出口を左折して約20分。158号線を経由しながら浅間温泉へ。

◇名古屋方面からのアクセス
中央自動車道を岡谷JCTで長野方面へ。松本IC下車→松本IC→松本IC出口を左折して約20分。158号線を経由しながら浅間温泉へ。

<送迎>
送迎あり(ただし条件あり)

<パーキング>
有り(無料)
mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.