"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

JOURNEYTravel Abroad

Editor Topicsココロとカラダを目覚めさせる『Thalasso Spa Belle Mer』で、スロウな秋の沖縄旅を――。

2014.10.21

日差しが和らぎ日中過ごしやすくなる秋は、観光やレジャーを満喫できるベストシーズン。

大型連休には味わえない“秋の沖縄”でひと味もふた味も違う、本当の島の魅力を感じる…。そんな、ココロとカラダを目覚めさせるスロウな秋旅を実現してくれるのが、今からご紹介する『Thalasso Spa Belle Mer(タラソスパ ベルメール)』です。

こちらは、沖縄有数の観光スポット=沖縄美ら海水族館に隣接したホテル『オリオン モトブ リゾート&スパ』内にオープンした、日本では数少ない“フランスのオーセンティックなタラソプログラムが受けられる”世界標準のスパ


01.jpg

碧く広がるエメラルドビーチを前に海に浮かぶ島々を眺めながら、水平線とひとつに溶けるプールで開放感を味わい、少し足を伸ばせばフクギ並木からの風や光にココロを癒される…そんな自然溢れる環境で、亜熱帯の贅沢な時間を感じながらゆったりと過ごすひとときは、まさに、非日常の中に身を置いて「大切な休日を、有意義に活用しながらビューティーチャージしたい」という方にぴったりではないでしょうか?

とはいえ「なぜ今、沖縄なの?」と思われる方も多いかと思いますので、秋に沖縄に行くべき理由をまずはちょっぴりご紹介しましょう。


IMG_1997.jpg

●本当の“沖縄通”が選ぶのは、秋
9~10月の台風シーズンが過ぎると雨が減り、急激に気候が穏やかになる沖縄。夏休みやお盆の混雑とは逆に観光客が落ち着くため“心おきなくゆったりと過ごせる”のも秋ならでは。平均気温=25度と過ごしやすいうえに、紫外線量はなんと夏場の2分の1。「お肌を痛めず夏気分を味わいたい」という方にとっても秋の沖縄はオススメなのです。


IMG_1995.jpg

●なんといっても“リーズナブル”
ハイシーズンを過ぎて9月に入ると交通費や宿泊費が軒並み下がり始める、というのも魅力のひとつ。余裕を持って計画を立てれば、航空会社や旅行会社の早割が併用できたりもして更におトクです。そして何と言っても外せないのが「リゾートホテルが充実している沖縄だからこそ味わえる、極上のスパ体験」。秋は予約も取りやすく、リーズナブルな限定プランを提供する施設もあるので、ワンランク上のプランを試せるチャンス!でもあります。


375.jpg

●身も心も癒されながら、キレイになれる
手付かずの自然やパワースポットを巡って、マリンスポーツを楽しみ、島野菜を使った郷土料理でカラダの内側からデトックス…そんな定番の観光コースを堪能した後は、やっぱり外側もちゃんとキレイになりたい

そこでご紹介したいのが、いま一番押さえておきたい極上スパ『Thalasso Spa Belle Mer』です。去る7月にOPENしたばかりの最新施設という事で、設備やサービスがとにかく充実していますし、海水や泥、海藻を使った自然の恵みでカラダが本来持つ“回復機能”や“免疫力”を高めるトリートメントを行っているのも魅力。夏場にたっぷり紫外線を浴びたお肌や髪をメンテナンスしつつ、リゾート気分で癒されながらデトックスする…そんな秋旅、素敵ですよね。


IMG_2099.jpg
ホテルに着いたら、まず視界に入るのが澄みきった空と屋外プール。日がな一日プールサイドでのんびり過ごすのも、また贅沢で良いかもしれません。


IMG_2028.jpg
ちなみにホテル内には旬の食材を味わえるレストランや――。


IMG_2014.jpg
光を取り込む大きな窓が開放的な、天然の温泉施設。


IMG_1999.jpg
アルコールを愉しめるプールバーも完備。


564.jpg
全室オーシャンビューのお部屋にチェックインして軽く寛いだら、さっそくホテル内のタラソスパで旅の疲れをリセットしたいところ。


538.jpg
また、琉球古代海水の水流マッサージバスとタラソスパを同時に堪能できる“カップルキャビン”なら、友人や恋人と一緒にトリートメントを楽しむことも可能です。


328.jpg

生命の根源である“海の恵み”を体内に取り込むことで、身体の自然なバランスを取り戻す自然療法=タラソセラピー。

海藻パックや海泥、海水のミネラルを用いたベーシックなトリートメント(アロママッサージリンパドレナージュタラソスタイルのスリミングetc)はもちろん、温熱の刺激とアロマを用いたヨーロッパスタイルのサウナ“アウフグース”や、タイル貼りの椅子に腰掛けてじっくり汗をかくオリジナルサウナ“ハマム”、海水の微粒子が充満する部屋でリラックスする“エアロゾル”、琉球古代海水の浮力に身をゆだねて脱力を体感する“ピシーナリラクゼーション”など『Thalasso Spa Belle Mer』には、本場のタラソセラピーを心ゆくまで堪能できるメニューが充実。


W1440Q100_517.jpg


「しわ&たるみ」に効くエイジングケアや、「美白・保湿・くすみ肌」を集中的に療養するスキンケア、ストレスを開放するリセットメニューや、アロマとパックで癒される極上リラクゼーション、心地よい眠りを誘う熟睡プログラムなどの他に。

ハイドロテラピー(水治療法)ファンゴテラピー(海泥療法)アルゴテラピー(海藻療法)を組み合わせ、トータルで美容・健康に働きかけるプログラムもしっかり揃っています。


IMG_2051.jpg


本場のタラソテラピーで療養し、沖縄での滞在を堪能したら、旅の締め括りとなる最終日は、ビリヤードが出来るポッシュなBarでゆっくりと夕陽を待つのも良し、チェックアウトまでプールサイドでゆっくりするも良し。

こちらのタラソスパは“沖縄美ら海水族館”に隣接したホテルの中にありますので、ここを拠点に、沖縄の秋を満喫する…というのも良いんじゃないでしょうか?

ちなみに、年内はビジターとして施設を楽しめる限定企画“スパ&ランチ”もあり。この機会に、まさに今から最高のシーズンを迎える“知られざる沖縄”を、皆さんもぜひ体感なさってみて下さい。



────────────────────────────────────────────────

【Information】
■名称:タラソスパ ベル メール
(ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ クラブウィング棟1F)
■住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬148番地1
■営業:10:00~21:00
■電話:0980-51-7222(FAX.0980-51-7666)
■HP:http://www.thalasso-bellemer.jp

<アクセス>
◇お車(那覇空港より約100分)
那覇空港→ 沖縄自動車道をご利用いただき「許田IC」より約39分 ※海洋博公園(沖縄美ら海水族館)北ゲートを越えるとホテル入口がございます

◇高速バス(那覇空港より約3時間)
那覇バスターミナル・高速バス(111番)→ 名護バスターミナル(約105分)で下車後、路線バス(65・66・71番)に乗換え→「備瀬入口」(約50分)で下車 ※名護バスターミナルからのバス本数が少ないため「名護-ホテル間」はタクシーのご利用がお薦めです

<パーキング>
有り、約200台(電気自動車・充電器有り) ※詳細はお問合せ下さい

mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.