"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

LIFEOrganic Style Life

Editor TopicsアーユルヴェーダとYOGAのある暮らし方

2014.11.29

アーユルヴェーダって聞いたことあるけど、よくわからない、という人も多いのではないでしょうか。

アーユルヴェーダは、すごく簡単に言ってしまうと、肉体・精神面ひいてはスピリチュアルなレベルでのオールラウンドな健やかさを取り戻すことを目指している、自然療法を含むとても幅広い学問体系で、そのコンセプトはWHOの健康の定義にも息づいています。病気にかかった後の対応法だけでなく、医者いらずになれる予防法も入っていて、食生活、生活習慣などライフスタイル全般に渡るいろんな“処方箋”が個人個人の今の状況に応じて出されるのが特徴です。

一方、ヨガには2つのとらえ方があって、ひとつは、アーユルヴェーダの中の、カラダを動かすことで心身が健康になる部門としてのヨガ。もうひとつは、アーユルヴェーダの目指す健やかさで心身ともに浄化し、さらにその先にある“悟り”を目指すという意味でのヨガ。

そのどちらもヨガ。そして、どちらの意味でのヨガに入っているエッセンスは、【つなぐ】(ヨガはサンスクリット語“つなぐ”という意味)こと。それはまず、心とカラダをつなぐこと。なぜなら心とカラダが同じ方向に向かっていないと、人は必ずバランスを崩してしまうから。心身のバランスが取れ、洗練されると、それが、人と人、コミュニティとコミュニティ、人と企業、自分が知る世界とまだ知らない世界を、自然発生的につないでいきます。この【つなぐ】が、ヨガの深いところにあるエッセンスです。

 カラダだけじゃなくて、心もいつもハッピーでいられたらステキだな、困難にぶつかってローに入ってもすぐまた前向きに戻って来れる強さがあったらいいな、そんな想いでアーユルヴェーダとヨガに触れて早10年。師匠の元を巣立った後、自らはいつも心とカラダをつなぐ努力をしつつ、いろんなものをつないできました。

banner_line.png

石原 来美プロデュースコンテンツのご紹介


パークヨガ|PARKYOGA
いまや国内最大規模となった屋外ヨガ、パークヨガ。それは、2008年ミッドタウンへのたった一通の投げ込みメールから始まりました。ヨガスタジオからもっと外へ、もっと広く、ヨガの世界を広げて、多くの人にヨガを通じて気持ちよさ、人が集うところに生まれる交わり、楽しさが生まれるきっかけをつくりたい。その想いが多くの著名なヨガのインストラクターたちの心を動かし、結果、一度に1000人以上が集まるほどのヨガイベントに成長しました。パークヨは今しばしおやすみを頂いていますが、近未来に復活しようと模索中です。
kumi_parkyoga_01.jpg


ヨガレイブ| YOGA RAVE
「ヨガレイブ」とは、ヨガと音楽とダンスの要素が融合した、まったく新しいスタイルのヨガのスタイルです。コアにあるのは <ヨガとは「つなぐ」を意味している>というエッセンス。柔軟でない人に前屈で両手を床につけることを目指してもらうわけでもなく、集中が苦手な人に瞑想を勧めるわけでもない。純粋に楽しいから、その場・その瞬間に誰もが没頭してしまう(つまり心とカラダが同じことをしている=「つながっている」)のがヨガレイブです。そのため、明るく楽しく健康的に心身のストレスを発散でき、参加している人たちが「つながり」を体感できるのが特徴です。音楽とダンスの要素は古来よりヨガの中にありましたが、ヨガレイブの原型は、1970年代のヒッピー文化を背景により多くの人たちに受け入れられていきました。海外では1度に15万人が参加するほどの人気を集めており、日本では2013年8月に横浜で初開催。2回目は前回の人気を受け規模を拡大し、東京お台場で開催されました。



座ヨガ|THE YOGA
座ヨガは、オフィスワーカーの心のサプリであり、仕事効率・集中力を身につけるための術であり、心身バランスのとれた健やかさを手に入れられる、とても手軽なメソッドです。柔軟性などのフィジカルな能力に重きを置くのではなく、心の在り方をアーユルヴェーダの処方箋から、そして血めぐり、氣のめぐりをヨガからかたちづくっていくことによって、ぶれない心とぶれないフィジカルを創り上げていきます。



エグゼクティブ ゲートウェイ|Executive Gateway
様々な切り口から活動を広げている彼女は普段、著名人や俳優、エグゼクティブクラス向けに、パーソナル・ケアを行っています。エグゼクティブ・ゲートウェイと呼ばれるこのセッションでは、ライフスタイル、ヘルスケア、キャリア、プライベート面で、個人個人が持つニーズに対し、カウンセリングに基づいて、実践可能なテーラーメイドの処方箋を組み立ていきます。
エグゼクティブ・ゲートウェイについてのご質問はこちらから
info.nunatural@gmail.com

石原 来美
銀行員、MBA、ヘッドハンターを経て独立
都内でメロウボーテなど5つのスタジオを立ち上げた後、ミッドタウンで今や日本最大となった屋外ヨガイベント『パークヨガ』を生みだす。ヨガをもっと幅広い層へ届けるべく昨年はヨガレイブ日本版を立ち上げ、11月29日、ヴィーナスフォートで東京初開催が決定。またフランス発祥の、世界最大のシークレット・ディナー・パーティー、Diner en Blanc (ディネ・アン・ブラン)日本初上陸に向けても準備に奔走中。
ヘッドハンター以降ずっと続けていること、それは、人と人をつなぐこと。

『アーユルヴェーダとYOGAのある暮らし方』連載
http://nu-natural.com/blog/kumi/
mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2013 nu-natural All Rights Reserved.