"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

bikohsui

【ONE BOTTLE A DAY】水のある暮らし 微硬水|"bikohsui"

微硬水 "bikohsui”

名水の山として名高い神戸・六甲山を水源とする天然水、微硬水|"bikohsui"が誕生。日本の中では、ミネラルが多いのにクセがなく飲みやすい水。喉の渇きだけでなく、YOGAの後やダイエット時などに、ミネラル分をより多く補うことは美容面でも健康面でもとても大切です。
神戸から新しい水、微硬水“bikohsui”が誕生しました。

水のある暮らし

人間の体はほとんど水でできていると行っても過言ではありません。胎児では体重の約 90%を、成人では60~65%を水が占めているのです。蛇口をひねれば当たり前の様に出てくる水なので、普段の生活で意識することはないと思います。ですが、そう言う意識しないことの方が生きていく上で最も重要なことなのかもしれません。

 

そんな大切な水のことを微硬水を通して様々な角度から考えて記事をアップしてきました。もう、何度か目にして頂いた方もいらっしゃると思いますが、また読み直して頂けると嬉しいです。

【ONE BOTTLE A DAY】水のある暮らし

 

そしてもう一度皆さんに気づいて欲しい、自分達は水に守られているということを。その”気づき”を持ってもらう為に、微硬水は実際に様々なイベントにサンプリング協力したり、販売したりと活動してきました。
nu-natural Commuity Exhibition
ライフスタイルを持って過ごす人たちのアイテムや
ブランドを取り揃えた素敵な展示会、ニューナチュラルが主催する
「コミュ二ティエキシビジョン」

IMG_3075

IMG_3080

IMG_3130

 

 

Cafe and MACROBIケータリング
美味しい食材とこだわり手料理
ヴィジュアルシューティングやファッション誌の撮影

スクリーンショット 2016-02-21 11.28.34
IMG_3624

スクリーンショット 2016-02-21 11.28.48
 

rooms展示会 フードブース
ファッションとデザインを軸に、合同展示会を中心とした複合的なビジネスを展開する「rooms」

IMG_3659

スクリーンショット 2016-02-21 11.29.00

 

京都伊勢丹 GO GREEN!
GINGER BEACH Inn.がプロデュースするナチュラルポップアップストア

スクリーンショット 2016-02-21 11.39.43

スクリーンショット 2016-02-21 11.39.18

スクリーンショット 2016-02-21 11.39.08

 

 

この活動や想いが少しずつ届いて、販売して頂ける場所が増えてきています。東京でもこの「生充填」することが許された微硬水を購入することが出来る様になりましたっ!

その場所は渋谷と青山の間にある、美味しい食材とこだわり手料理が食べれる「Cafe and MACROBI」です。これから温かくなる春、期間限定メニューで生のハーブを使用した微硬水フレッシュハーブウォーターをご用意しています。

IMG_5936

 

夏は自身でオリジナルのハーブウォーターをつくって、水分補給をしっかりとるライフスタイルを心がけましょう。

微硬水が他の水とは違うのか、はこちらのサイトで詳しく説明しています。これを機会に名水の山として名高い神戸、六甲山から産まれたこの美味しい水を一度飲んでいただければと思います。

微硬水オフィシャルサイト

 

こだわりが詰まった美味しいコーヒースタンド。ロマンティックロールビーンズ

スクリーンショット 2016-02-18 9.21.11

今回は微硬水を使ったコーヒーを提供している、
ロマンティックロールビーンズ 苦楽園口にお邪魔いたしました。
豆選びから提供の仕方まで、コーヒー取り扱いのノウハウと
愛情がぎっしり詰まったお店でワークショップを受講。

まずは初心者向けに簡単なコーヒー選びのコツを、
そのあとにくわしいポイントについて学びます。
微硬水を使ったコーヒーのスペシャルな味わいにも触れてみました。

IMG_5150
■コーヒー豆の簡単な選び方
・焙煎日がパッケージに書かれているかどうか(その場で焙煎しているお店がオススメです)

■生豆について
コーヒーの生豆はすこし緑がかったベージュをしています。
生豆の持ちは良く年単位で保存が可能ともいわれています。
製法によって見た目も変わり、

・ウォッシュド製法=コーヒーチェリー(コーヒーの実)から種を取り出し、身を洗い流して乾燥をさせる
・ナチュラル製法=実のまま乾燥させ、その後実を剥がしていく
・ハニー製法=実の部分を途中まで剥いで、周りの粘液質の部分を残した状態で乾燥させ、その後実を剥がす

といったようなバリエーションがあります。
製法は農園が豆に合わせて適切なものを選んでいるそう。

IMG_5149

■豆の種類
豆の種類は大きく分けてふたつ。

・アラビカ種=コーヒー豆専門店などで手に入れることができる。ひと口にアラビカ種といっても細かなランク分けがあり、もちろん味わいにも影響する。

・ロブスタ種=缶コーヒー、インスタントコーヒーに多く使われる。樹自体が強く、生産量が増やせるため、大量収穫するのに向いている。

■スペシャルティーコーヒーとは
スペシャルティーコーヒーとは、生産段階から品質管理がしっかりとなされていて、飲んだときの味わいが格別であることを実感できることです。
その規格は国によってさまざまで、たとえば豆が採れる場所の高度や、
豆の大きさなどにより厳格に定められています。

ロマンティックロールビーンズでは、
日本ではほとんど流通していないスペシャルティーコーヒーの生豆をそのまま販売しているので、自分へのご褒美や贈り物にもぴったりです。

■焙煎について
焙煎は大きく分けて5段階ありますが、
一般的に浅煎りは酸味を強く感じ、深煎りはより苦みを感じます。
深煎りしたものはドリップした際の色味が濃く、また油分も出てきます。

IMG_5153

ちなみに、ロマンティックロールビーンズが使用している焙煎機は、
国産のNOVO MARK Ⅱと呼ばれるもの。
豆の味を活かしてくれることはもちろん、
インテリアとしての見た目も美しい焙煎機です。

IMG_5154

■ミルへのこだわり
コーヒーを買い求めるお客さんの多くは、すでに粉として挽かれたものを選びます。
ただし粉状のコーヒーは劣化スピードや香りの飛びも早いのが難点です。
豆は焙煎した瞬間から劣化が始まり、
日持ちする期間は一般的に豆が1〜2週間、粉が3、4日といわれています。
(コーヒー豆は冷凍保存することで日持ちをさせられます)
そのため、ロマンティックロールビーンズではできるだけ、
豆での購入をお勧めしているとのこと。

新鮮な豆はドリップしたときにふんわりと表面が盛り上がります。
焙煎してから長時間経過したコーヒー豆は
炭酸ガスの大部分が空気中に放出されるため、
ドリップをしてもあまり膨らまないといった特徴があります。

■ドリップのコツ
ドリップをするのに大事な道具といえば、ケトル(やかん)。
注ぐ時のお湯の太さを少しずつ調節しながら落とすのがポイントです。
ドリップ一杯分(130〜150ml)に対しての豆は約10gですが、
複数杯分一度に淹れるのではなく、一杯だけ抽出する場合は、
約12〜15gの豆を用意する必要があります。
抽出するお湯は高温すぎると豆の苦みばかりが強く出てしまうので、
注意してください。

IMG_5379

フィンランド、ノルウェーなどの北欧諸国はコーヒーの消費がトップクラスと呼ばれ、
1日に飲む量はおおよそ7杯。軟水でドリップするのが基本です。
軟水で淹れるコーヒーはすっきりとした舌触りとまろやかな味わいに、
硬水ではパンチの効いた味に仕上がるといわれています。

微硬水で淹れたコーヒーを初めてスタッフが飲んだとき、
これまでとの味わいの違いに驚いたそう。
まさに軟水と硬水のいいとこ取りで、豆自体の個性や味の輪郭が際立ち、
それ以来、ロマンティックロールビーンズでは微硬水を愛用しているそう。

IMG_5400

コーヒーのワークショップを店舗にて定期的に開催しているとのこと。
たとえばアイスコーヒーに関するワークショップでは、
以下三種類の淹れ方にトライし飲み比べを体験できます。
・ホットでコーヒーを落とし、周りから冷やしていく
・氷の上からドリップする
・水出し

同じ豆でも淹れ方を変えるだけで味わいに違いが出るそうで、
参加者はお互いの意見を交換しながらテイスティングを楽しんでいるそうです。

IMG_5402

またコーヒーを飲むのなら、覚えておきたいのが食べ合わせのお菓子。
フルーティなコーヒーには香り高く、ほどよい酸味を感じられるドライフルーツを、
どっしりとした味わいのコーヒーには、どらやきなど意外にもあんこを使った和菓子が合うそう。
一見西洋の文化、と思われがちなコーヒーですが、
日本特有のスイーツとのマリアージュも興味深いですね。

スクリーンショット 2016-02-22 14.36.49

 

ロマンティックロールビーンズのコーヒー豆で、
自分と向き合うブレイクタイムを味わってみては。

ロマンティックロールビーンズ

自然そのままのミネラルを豊富に含み、
飲みやすい微硬水|”bikohsui”は喉の乾きだけでなく、
あなたの心もそっとうるおしてくれるはずです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
微硬水|”bikohsui”オフィシャルサイト
http://www.bikohsui.jp

ONE BOTTLE A DAY
http://www.bikohsui.jp/onebottle/

 

微硬水で作る! 栄養満点のお手軽&本格パエリア 

スクリーンショット 2015-08-31 13.17.40

神戸・六甲山の麓から産出され、その栄養化の高さから
調理水としても愛される微硬水|”bikohsui”。
これまでにもその特徴を活かしてレシピをいくつか紹介してきました。

《以下、過去レシピ》
・微硬水で茹でる、失敗しにくいカッペリーニ
・夏の水分補給に、ミネラルたっぷりなデトックスウォーターを
・成分を知って、カラダが喜ぶスムージーを作ろう、オススメレシピ3選
・ミネラルたっぷり身体に優しい、ミネストローネ

今回は寒い季節にほっこりと家族や友人で楽しめる、
簡単なパエリアの作り方を紹介します!

《材料》

スクリーンショット 2015-08-31 13.21.28

微硬水 1L
白ワイン 150cc
あさり 230g
ムール貝 5~6個(なければハマグリ)
海老(有頭) 5~6尾
イカ 1/2杯(なければ ホタテ)
鶏肉(もも) 200g
赤パプリカ 1/2個
黄パプリカ 1/2個
ピーマン 1個
トマト(完熟のもの) 1個
サフラン ひとつまみ
ローリエ  1枚
玉ねぎ 1/4個
にんにく 2片
オリーブオイル コンソメ(顆粒) 小さじ1
塩麹 小さじ2(鶏肉の下味用/なければ省いてもOK)
塩(あら塩) 少々
こしょう(ミルに入っているような物) 適量
レモン 適量
イタリアンパセリ 適量

《魚介の下処理》

スクリーンショット 2015-08-31 13.19.06

■あさり、はまぐり
①貝をこすり合わせて流水で洗い、3%の食塩水を作ります。
(1リットルの水に対し、3gのあら塩を入れます。必ず計量機で計りましょう)
②ボウルの上にザルを重ね、ザルに貝を入れます。
貝の表面が少し出るくらいの水位まで先ほどの食塩水を入れたら、上から新聞紙で蓋をします。(アサリは暗い所を好みます。部屋が暑くなければ常温で砂出しをしましょう)
③15分程経って様子を見ても貝の中身が出てなければ、室温が暑すぎる可能性があります。少し冷蔵庫に入れてみると良いでしょう。(通常貝は寒すぎるところは苦手です)

■ムール貝
①海藻をはさんでいないかチェックします。蝶つがいの部分を手前に向けて持ち、
脇から出ている糸状の物にフォークを引っ掛けたら、手前に引き抜きましょう。
②殻をたわしでこすり、汚れを取ります。

スクリーンショット 2015-08-31 13.19.25

■海老
・目の周り、口の部分、尻尾を開いて流水で優しく丁寧に洗います。
頭付きのまま、甲羅の切れ目に竹串を入れ背ワタを抜きましょう。(面倒でも絶対にして下さい)

■イカ
・皮をむいた物を買う方が簡単なのでオススメ。
身を輪切りにし、ゲソは根元を6つに切り分けておきます。

《作り方》
①あらかじめ微硬水500ccにサフランを浸し、コンソメも小1溶かしておきます。
②鶏もも肉に塩麹大2、塩コショウをします。
③赤と黄色のパプリカは中の種と白い部分を取り除き、幅1〜2㎝で縦に切ります。
ピーマンは種を取り、輪切りにしましょう。

スクリーンショット 2015-08-31 13.18.09

④玉ねぎとニンニクはそれぞれみじん切りに。トマトは種を取り除き、ダイス状(サイコロ状)に切っておきます。
⑤冷たいパエリアパンにオリーブオイル大1を広げ、ひとつまみのニンニクを入れたら点火(中火)します。このとき、ニンニクの香りをしっかりとオイルに移し、焦がさないようよく混ぜながら火力を調整してください。
⑥パエリアパンに海老、貝類、イカ、白ワイン150ccを入れアルコールを飛ばしながら、蒸し焼きにしましょう。魚介の旨味がぎっしり詰まったスープは取っておきます。
⑦いったん魚介を取り除き、何もない状態のパエリアパンにオリーブオイル大3を入れます。残りのニンニクをすべて入れたら、再度点火しましょう。
⑧鶏肉を皮目から炒め、ローリエ、玉ねぎを加えます。コショウを振り、パプリカも炒めましょう。パプリカはのちほど飾り付けに使うので、色が綺麗になった時点で取り出します。
⑨パエリアパンに米2合を入れます。米に全体的に油が行き渡ったら、トマトを入れ、よく混ぜます。
⑩魚介のスープを米より1㎝程度水位が高くなるまで少しずつ流し入れます(急に全部入れると飛び跳ねるので注意。スープが足りなければ、サフランを入れた微硬水を足しましょう) 。全体を混ぜ、沸騰させたら弱火~中火にして炊きます。
⑪米が水分を吸収したら、サフランとコンソメを溶かしておいた残りの微硬水を200ccほど足して、再び炊きます。味見をしてもの足りなければ、塩コショウをしましょう。米は芯が残っているくらいの状態でOKです。
⑫水分が減ってきたら、避けておいた魚介やパプリカを綺麗に並べ、⑪の残りの微硬水を200ccほど加えます。
⑬この後水分が減ったところで再度味見をします。固めに炊けているようであれば、いったん火を止めましょう。載せた具の隙間にところどころ、若干の水分が残っているくらいの見た目がベストです。米が水分をしっかり吸収したら、中火~弱火でパチパチとお焦げを作ります(2分でOK)。最後に、刻んだイタリアンパセリやレモンを添えて出来上がり!

スクリーンショット 2015-08-31 13.17.47

*ポイント
・途中ででお米の炊き具合とお味をチェック
米と水を入れた後はコンロの中火~弱火で炊きましょう。
火力が強すぎるコンロで熱すると、米が黒く焦げやすくなってしまうので注意!
・炊く際はお米の音の変化に注意!
グツグツ(沸騰)したら中火~弱火へ→クツクツ→シューシュー(水分が飛んで炊けてきています)→パチパチ(お焦げが出来る) おいしいお焦げを作るコツは、このときも強火にしないこと
・米が硬過ぎた場合
微硬水を足し、中火~弱火で米の質感がほど良くなるまで炊く。
焦げるより炊き足りないくらいの方が修正しやすいです。

スクリーンショット 2015-08-31 13.17.28

微硬水はミネラルを豊富に含んでいるので、
カルシウムがでんぷん質と結合した際に、米にほど良い歯ごたえを与えてくれます。
大切な人たちと食材の味わいを噛み締めながら楽しいひと時を過ごしてください。

自然そのままのミネラルを豊富に含み、

飲みやすい微硬水|”bikohsui”は喉の乾きだけでなく、

あなたの心もそっとうるおしてくれるはずです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
微硬水|”bikohsui”オフィシャルサイト
http://www.bikohsui.jp

ONE BOTTLE A DAY
http://www.bikohsui.jp/onebottle/

Monthly Archive
月を選択
mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2014 nu-natural All Rights Reserved.