"自然と共に生きる" 21世紀の暮らし方

谷尻 直子

フードプランナー

谷尻直子

フードプランナー・HITOTEMA主宰

www.facebook.com/hitotemashibuya

CMや役者などのファッションのスタイリストを経て、「AlexanderLeeChang」を立ち上げに関わる。

衣食住の関係性を考え、食の仕事を軸に活動を開始し、現在は、渋谷富ヶ谷にあるヒトテマという予約制のレストランを主宰し、
食に関連するプロジェクトを行っている。

8人という大家族で育った為に、3世代それぞれの食生活を幼い頃から体験しており、現代版のおかん料理をテーマに、楽しくて美容にも効くメニューを日々コーディネートしている。

冷酒やシャンパーニュにピッタリ!2歳の息子の大好物の “とうもろこしの茶碗蒸し”

【とうもろこしの茶碗蒸し】

夏野菜をたっぷり召し上がって頂きたい季節。
私のお店、ヒトテマでも、パプリカやズッキーニ、トマトにきゅうり、スイカに葡萄など、
知恵を絞って献立を組んでいます。

今日は、とっても美味しい!と感動したので、
手前味噌ですが、とうもろこしの茶碗蒸しをご紹介します。

〈材料〉3-4人前
とうもろこし 1本
だし汁 300cc
自然塩 2種類 ひとつまみずつ
薄口醤油 小さじ1
味醂 小さじ1

〈作り方〉
1: とうもろこしは皮のまま、予熱したオーブン200℃で20分焼き、皮をむいて、実を芯からはずす。

2: だし汁は、天然昆布と鰹節でしっかりとり、熱いままのだし汁に塩と薄口醤油、みりんを合わせる。

3: 味付け出し汁と、とうもろこしの実100-120gを、ブレンダーやミキサー、バーミックスにかけて、ピュレ状にする。

4: 溶き卵を合わせて、表面の泡を取り除いたら、卵液の完成!あとは型に入れて蒸すだけです!

5: 蒸気の上がった蒸し器中火で蓋をずらして12分。または、水を張ったオーブン余熱なし140℃で50分。
または、バーミキュラライスポット余熱なし95℃で50分!

6: とうもろこしの実を上に乗せて、出来上がり◎
とうもろこしの実のサクサクとした歯応えと、甘味、そしておだしと醤油のとろとろ茶碗蒸しのマリアージュが、とっても美味しいです!

+++++++
蒸しあがりたてのホットでも美味しいし、冷蔵庫でしっかり冷やして食べるのも、冷酒やシャンパーニュ、レモンサワーなどと相性ばつぐんで、おすすめです!

型は、私は野田琺瑯のレクタングルMや、柳宗理の小ボウルを使用して、蒸しあがりを取り分けるスタイルにしています。
家庭用には、楽チンでおすすめです。

夏を満喫するメニューのご紹介でした^ ^
IMG_7331

IMG_7329

Monthly Archive
月を選択
mail magazine

nu-natural メールマガジン

メールマガジンの送信先メールアドレスを入力して送信してください。

Copyright 2014 nu-natural All Rights Reserved.